【自宅で徹底的に鍛えよう】自宅にあると筋トレが捗るグッズ12選

筋トレその他
自宅からでなくなったら太ってきた気がする。
家から出たくないから自宅筋トレやろうと思うけど何買えばいいのか分かんないよ~

今回は自宅筋トレに最適なアイテムを12個紹介してきます。

☑この記事の内容

・自宅筋トレ用道具
・筋トレサポートサプリメント
・筋トレ補助アプリ

そろそろリモートワーク続きで、お腹が出てきてないですか?ただでさえ運動しない方でしたら1日全く歩かない生活になっているのではないですか。

1日中座ってばかりで動かないと、怖い病気のリスクが増加しちゃいますよ。そうならないためにも自宅で、運動する習慣をつけてみませんか。

ジムとか行かなくても、適切な運動を行えばしっかり効果が期待できます。そんな自宅筋トレに必要な道具とサポートしてくれる道具を12個選んでみましたので、よかったら見てください。

ジムが使えなくても自宅で筋トレはできる

マッチョ

あなたは筋トレってジムでやるものだと思っていませんか?実は自宅ででも腹筋を板チョコにするぐらいなら可能なんですよ。プロレスラーみたいな筋肉は無理ですけど、ムキムキぐらいにならなれます。

実際自分も3年以上もの間、自宅で筋トレをしています。冬にちょっとサボっちゃったのでぷにぷにですけど、一時期は体脂肪率8%以下まで自宅筋トレで落とした時期もありました。

私が自宅トレーニングで愛用している筋トレグッズを紹介していきます。一部大きいものもありますので、部屋のサイズ考えて検討してくださいね。

自宅筋トレグッズ12選

今回紹介するものは、私が自宅トレーニングで愛用している道具やサプリ、アプリになります。

自宅トレーニングをやるなら最低限あるとよいものから、慣れてきた方に使ってほしい道具まで揃っていますので、あなたのトレーニング強度に応じて検討してみてください。

腹筋ローラー

腹筋ローラー

腹筋ローラーでは、主に腹筋、背筋、上腕三頭筋を鍛え上げることができます。初心者から上級者まで好まれる筋トレグッズになります。

使い方はとても簡単で、腹筋ローラーを両手で持って床をころころするだけになります。膝をついてころころしたり、立ちながらころころすることで、身体を鍛えることができます。

説明すると簡単そうに見えますが、かなりキツイ筋トレの一種です。初めての方は膝ころで連続5回も出来れば上出来で、立ちころに至っては1回もできないです。

相当キツイ筋トレになりますので、ちゃんと続けられれば絶大な効果が期待できる筋トレグッズになります。

ダンベル

ダンベル

筋トレでおなじみの道具といえば、ダンベルですね。ありとあらゆる筋トレで活用することができるので一家に1セットは置いておきたい筋トレグッズです。

腕の筋トレにはもちろん、胸筋や背筋、腹筋に肩、足と使い方によって全身の筋トレに役立ちます。重量は無理のない範囲でやらないとケガに繋がります。

おすすめのダンベルは重量を変えられるタイプで、用途や自分の限界を超えてきたら加重できるようなものを買うと便利です。

プッシュアップバー

プッシュアップ

プッシュアップバーは腕立て伏せを補助するための道具です。腕立て伏せは腕や胸筋に効果がある筋トレですが、道具なしでやると可動域が小さくなってしまいます。

プッシュアップバーは手よりも深く上体を落とすことができるので、通常よりも高負荷な腕立て伏せができるようになります。

あの憧れの大胸筋を手に入れたい方はぜひ活用してみてください。サイズも小さいので置き場所には困らないでしょう。

ヨガマット

自宅筋トレする上で欠かせないのはヨガマットです。準備運動やストレッチはもちろん、トレーニング中もこの上で行うことを推奨します。一番の理由はけが防止という面です。

フローリングの上でトレーニングをしようと思うと、身体の出っ張った部分を痛めやすくかったり、身体が滑ってしまいます。ヨガマットを敷くだけでけが防止や筋トレ中のストレスを軽減できます。

また、消音効果も期待できますので、あなたが賃貸ぐらしでしたら近所迷惑を回避する上でも必要なアイテムになるでしょう。

バランスディスク

バランスディスクは一時期大ブームになった、インナーマッスルを鍛えるための道具です。いろんな筋トレと組み合わせることによって全身のインナーマッスルを鍛えることができます。

インナーマッスルを鍛えるメリットとしては5つあります。①基礎代謝を上げる②バランス感覚が身につく③姿勢が良くなる④血流改善⑤便秘改善になります。

普段やっている筋トレに+αすることで、手軽にインナーマッスルを鍛えることができます。自宅トレーニングに飽きてきたら購入するのも良いでしょう。

懸垂マシーン

チンニング

懸垂マシーンはその名の通り、自宅で懸垂ができる道具です。懸垂は背筋や肩の筋肉に効果があり、美しい背中を作りたい方には必須のトレーニングです。

懸垂マシーンでは懸垂やドラゴンフラッグ、ディップスと高負荷なトレーニングを行うことができるので、自宅に居ながらジムレベルのトレーニングを楽しめます。

上記であげた3つのトレーニングは初心者には不可能なほど高負荷な筋トレです。懸垂マシーンは筋トレになれてきたら購入を検討するのが良いでしょう。

バーンマシーン

バーンマシーンは今話題の筋トレ道具で、個人的に欲しいものです。全身の筋肉を鍛える+有酸素運動にも効果のある道具で、世界中で使われています。

使い方はいたってシンプルで、ハンドルを持って身体の前でぐるぐると回すだけです。法政大学の研究によると腕立て伏せの7倍も効果期待できることが判明しています。

短時間で全身の筋肉+有酸素運動が期待できますが、高負荷なトレーニングになります。こちらも筋トレに慣れてきてから購入するのをお勧めします。

個人的に唯一使ったことのない道具なので、直近で購入したいところですね。

プロテイン

プロテイン

筋トレをするのであれば欠かせないのはプロテインです。筋トレ後30分以内はゴールデンタイムといわれており、タンパク質の吸収効率が良くなります。

タンパク質は筋トレで壊れた筋肉を修復するために必須の栄養素になりますが、現代日本人は不足しやすい栄養素になります。

筋トレ後の必須タンパク質量(公式:自分の体重÷1000×1.5g)必要になります。一般的な食事では摂取できない量なので、プロテインで補完しておきましょう。

因みに筋トレしていない日でもタンパク質は必要なので、普段からプロテインを飲むことをお勧めします。



BCAA

BCAAは筋トレ直前(15分前)に飲んでおくとよいサプリになります。BCAAは必須アミノ酸といわれており、筋トレ前に2000mg飲んでおくことを推奨されています。

効果としては、筋肉の損傷を軽減、疲労感・筋肉痛を防ぐこと、運動のパフォーマンスを向上させることが期待できます。

BCAAはプロテインを飲むことでも摂取できますが、瞬間で効率よく効果を出すのであればBCAAサプリを飲むことをお勧めします。

マルチビタミン

サプリメント

筋トレする上で欠かせない栄養素としてはビタミンになります。ビタミンA,Eは身体の酸化を防止、ビタミンDは筋肉の増強に効果があるという研究があります。

また、ビタミンCには疲労軽減効果も期待できるなど、筋トレ後にマルチビタミンサプリを摂取することは身体にも大きく影響を及ぼすことが分かっています。

昔と違って野菜に栄養素が無いと言われていますので、手軽に一日の必要なビタミンやミネラルが取れるサプリを、日ごろから飲んでおくのも良いでしょう。

DHA・EPA

DHA・EPAは魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸を含む油になります。青魚に多く含まれていると言われていますが、なかなか食べる機会が無いと思います。

DHA・EPAには脂肪燃焼、筋肉の成長促進や筋肉の分解予防、成長ホルモン促進など様々な効果が期待できます。DHA・EPAを取るにはサプリメントがおすすめで、理由としては酸化しやすい油という欠点があるからです。

世界のトップアスリートも日々摂取しており、シアトルマリナーズ所属の菊池雄星選手なども積極的に取っています。

フィットネスアプリ

インストラクター

筋トレには適切な体勢、姿勢で行わないと効果が薄れてしまいます。ジムでインストラクターに学べば手っ取り早いですが、緊急事態宣言が発令した今ではそれは無理な話です。

自宅でインストラクターに学ぶ方法はフィットネスサービスを使うことです。スマホやPCなどがあれば気軽にインストラクターから筋トレのやり方を学べますので、安心してトレーニングができます。

正しい姿勢でやらないとケガや変な筋肉がついたりと、デメリットしかありませんので、ちゃんと学んで筋トレをしましょう。いまなら2週間無料のフィットネスサービスがあります。【緊急事態宣言】自宅フィットネスLEANBODY【脂肪燃焼】

筋肉の休息期間

睡眠

筋トレの際、毎日同じ部位のトレーニングを行うことは逆効果になると言われています。各部位ごとに休息時間が決められていますので、しっかり覚えて筋トレメニューを組み立てましょう。

各部位回復時間一覧
・腹筋、前腕、ひざ下:24時間
・肩、胸、腕:48時間
・背筋、ひざ上:72時間

筋肉量が多い順に回復時間が多くなっていきます。回復前に筋トレを行ってしまうと、筋肉が破壊されたままになってしまい縮小したままになってしまいます。

また、けがのリスクが格段に上昇してしまいますので、しっかり身体を休ませて筋トレをしましょう。各部位ごとの筋トレメニューを考えることによって毎日筋トレすることも可能ですが、無理はしないように。

最後に

コロナウイルスの影響で身体がなまっている方向けに自宅トレーニングで便利なグッズ12選を紹介していきました。運動不足は重大な病気リスクが高まりますので、定期的に運動しましょう。

「筋肉は裏切らない」という名言もある通り、筋トレには見た目や雰囲気、健康に基礎代謝向上などの効果が期待できます。

ぜひ自宅で仕事されている方は休み時間にでも、軽く筋トレするように習慣付けできるようにするとモテるし健康になるめりっとが待ってますよ。レッツ筋トレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました