東京での生活家賃を抑える秘訣!クロスハウスの特徴!

シェアハウス
東京で暮らしたいけど家賃が高すぎるよ~
そんな君におすすめのサービスがあるよ!

皆さん東京に引っ越したいかー!?私は憧れの上京を3年前からしております。なんでも揃ってて田舎者にはまぶしい世界でした。

しかし、東京には物価が高い!家賃がびっくりするほど高い!かなり狭い1Rで7-8万円ってどういうことなんだー!

こうなってくると憧れの状況生活は生活するだけで精一杯になってしまいます。そんな中一つの広告を見つけました。「東京家賃3万円からのシェアドアパートメント」

今回は状況を夢見る皆さんの負担を少しでも減らしたいと思いこのサービスを調べてみました。



都内の家賃事情

そもそも東京の家賃っていくらぐらいなんですか?
東京都の平均家賃は92,000円って言われているよ

まずは、東京に住むにあたって1か月どのくらいの生活費がかかるか検証していきましょう。

今回はSUMMOが作成した関東住みたい町ランキングで堂々の2位になった恵比寿で検証してみます。(1位は横浜やったんや…)気になるランキングはこちら

恵比寿駅周辺の1R,1K賃貸相場は月に約130,000円前後と言われています。ここに光熱費月5,000円、通信費10,000円、食事代30,000円、交通日10,000円と考えると…

月額総額185,000円です。新卒の給料丸々ですね。勿論23区内外でも探せば家賃6-8万ほどで見つかりますが、それでも12-13万円程かかります。(しかも部屋狭いです)

正直これだけの金額が発生すると考えたら、実家でぬくぬくと暮らしたほうが良くないですか?

都内に住むメリットデメリット

ではなぜみんな東京に引っ越したいのか?東京に住むメリットとデメリットを考えていきましょう。

メリット

  1. 働き口が多く選択肢が多い。

    東京では大手企業から新進気鋭のベンチャー企業まで数多くあります。終身雇用制度は完全になくなったので、新しい働き口を探すのも楽です。

  2. 最先端技術が集中する

    5Gやシェアリングエコノミー、VR・ARを体験しようと思うとその多くは東京がメインです。勿論地方でも体験できますが、それでも一部だけになってしまいます。

  3. 様々な出会いがあり、考え方が変わる

    田舎暮らしでは親の意見や近所からの目なんかで押さえつけられます。しかし東京には様々な価値観に触れられます。自分の殻を壊すにはうってつけです。

デメリット

  1. 物価・家賃が高い

    先ほど解説した通り生活するのでいっぱいいっぱいになります。老後までに2000万円集まる気がしないですね。

  2. 人が多い

    毎朝の電車通学、通勤は地獄です。乗客全員イライラしていますし、汗臭いし、嫌でもくっつくしで本当に最悪です。

  3. 誘惑だらけ

    気を付けていれば問題ないのですが、飲み屋街はキャッチだらけです。ついていくと居酒屋でもぼったくられます。

3万円~で住めるシェアドアパートメントって何?

ではここからが本代ですね。今回私が見つけたサービスは「シェアドアパートメント」というサービスです。うたい文句は東京で30,000円から住めるという驚きの広告です。

先ほど東京のデメリットでも上げましたが、東京は誘惑が多いです。ここでしっかり調べて皆さんが騙されないようにしたいと思います。



気になる特徴

都23区や人気の三鷹市周辺にある300以上のアパートから自分に最適な場所を探すことができます。都内以外にも埼玉や神奈川も選択肢があります。

駅近を選ぶもよし、職場近くを選ぶもよしと自分の生活スタイルに合わせて検討することができます。しかもこの金額帯でかなりおしゃれな内装です。

共同設備としてキッチン、風呂、トイレ、Wi-Fi環境と一部施設ではリビングもあります。

選べる4つのスタイル

シェアドアパートメントでは4つのお部屋スタイルから選ぶことができます。

ドミトリースタイル

どのエリアでも29,800円という格安条件で住めますので、家賃を最低限に抑えたい方で人見知りしないタイプの方にはおすすめです。

ベッド下にはクローゼットや、テーブル、コンセント、物干しざおが完備されてます。更に鍵付きロッカーもあるので、セキュリティーや服の管理は心配ないです。

しかし、ゲストハウスや研修施設のような環境なので、いびきがうるさい等ストレスになる場合があるので注意してください。

セミプライベート

ロフト、半個室、シェアルームから選べるので、多少のプライベートは確保されます。

半個室やシェアルームはパーティションで部屋を分けて利用し、ロフトベッドタイプは1段目が机、2段目がベッドというスタイルになります。

完全に部屋が仕切られているわけではないので、神経質な方にはおすすめできません。

個室

部屋だけはプライベートが良いという方には個室がおすすめです。1Rを丸々利用できるので完全なプライベートな環境で暮らすことができます。

ここまでくると普通に暮らすのとほとんど変わりません。シェアハウスは体験したいけどプライベートが欲しいかたにおすすめです。

家具付きアパートメント

こちらはシェアハウスではなく、通常の1Rになります。通常物件契約時に初期費用が200,000円以上かかりますが、こちらは初期費用55,000円で済みます。

生活に必要な家具がすべて配置されていますので、初期費用を抑えて生活したい方にはおすすめです。

物件数は多くないですが、70,000円ほどで借りることができます。さらに最短1か月から契約することができるので、転勤で利用するのもアリですね。



どんな人が入居してるの?

日本人の方も多いですが、外国の方も多く入居しているみたいなので、グローバルな環境で暮らしてみたい方にはおすすめです。

こちらでは18歳から39歳までの年齢制限があり、20代から30代前半の方が多く住んでいるみたいです。イベントも多く活発な方が多く済まれている印象ですね。

住居によっては女性専用もありますので、女性も安心して利用ができます。



メリットデメリット

実際の口コミも確認してメリットデメリットを解説していきたいと思います。

メリット①初期費用が安い

シェアハウスでは初期費用が30,000円、アパートメントでは初期費用50,000円と通常の初期費用と比べても1/3以上も節約できます。

仲介手数料等無駄な費用が掛からないので初期費用がこれだけ安く抑えられるのです。また必要な家具も揃っているので総額で考えると300,000円近く節約できます。

メリット②物件間を無料で移動できる

シェアハウスで生活していての問題点は、ほかの住民と上手くやれないという点です。どうしても合わない人というのは居るものですが、我慢は大変つらいです。

こちらでは業界初の住み心地保証があるので、人が合わないや仕事の関係で移動等、引っ越しの場合は無料で物件を移動できます。(注:移動先に空きがあれば)

ちなみに部屋のタイプの変更も可能です。シェアからアパートメントの場合は2万円かかりますが。

メリット③退去費が安い

万が一契約の1年以内に退去する場合でも、違約金は10,000円で済んでしまうのです。通常は数か月分の家賃やひどいと残りの契約期間分の家賃を支払うケースもあります。

メリット④イベントがある

シェアハウスでは出会いを求めて入居される方も多いと思います。一時期テラスハウスが大流行したこともきっかけですね。

こちらではシェアハウス内だけでなく、グループ全体での交流会も随時開催されており、BBQやパーティなどが開催されています。

2018年クリスマスパーティーの様子です。

2018 XROSS BBQ PARTY

デメリット①部屋が汚い可能性がある

週一で清掃会社が入っていますが、もともと古い物件を利用している場合もあります。ここはホームページでしっかり中身を確認しておけば防げることです。

ホームページでは各物件の内装を確認することができますし実際に内見もできるので、気になったら内容チェックは欠かさないようにしてください。

デメリット②物件間移動時にあいてない場合がある

これはしょうがないです。人気の物件であれば満室になっています。物件は300以上ありますので、多少妥協して近場でいいところを探すのもアリです。

口コミではスタッフは問い合わせた物件の空き状況しか教えてくれず、近場を紹介してくれないと書いてあるので、複数検討しておくとよいです。

デメリット③部屋の鍵を閉めない可能性がある

みんながみんなセキュリティー意識がしっかりしているかは微妙です。最後に出た人が部屋や家の鍵を閉め忘れていたら泥棒にあるケースもあります。

鍵付きのロッカーがありますので、貴重品は手元かロッカーに必ず入れて保管しましょう。

気になる金額は?

初期費用はシェアハウスで30,000円、アパートメントで50,000+鍵保証料5,000円です。

家賃は以下+共益費10,000円になります。

  1. ドミトリー:一律29,800円
  2. 半個室:39,800円~
  3. 個室:30,000円~
  4. アパートメント:69,800円~

退去時は10,000円の事務手数料が発生します(2020年9月から15,000円に増加)



さいごに

東京で住もうと思ったら賢く費用を抑えないと、給料のほとんどが生活費で消えてしまいます。このように探せばいろいろ出てくるのが今の世の中です。

あなたが持っている常識を破壊して、最適な生活ができないかを考えてみてください。皆様が安心して上京してくることを心待ちにしております。

コメント

  1. […] 東京での生活家賃を抑える秘訣!クロスハウスの特徴! 家具家電は借りる時代だ!サブスク家具の特徴とサービス2選! […]

タイトルとURLをコピーしました